仕上がり具合を基準にする【happymind65】

何か人に頼まれたとき、
(宿題なんかもそうですが)
期限がまだ先だからってほっておいて、

うっかり忘れてしまったことありませんか?

こういうときは、

たいていデッドライン
【期限】を元に考えてますよね?

何日までにって。

そうすると、

ついつい、【期限】が迫ってくるまで
やる気が起きず、ギリギリになってあわてて

大騒ぎ。そんなことありませんか?

もし、

実際に【期限】の直前に、
時間的な余裕がなかったら?
やってみたら、案外大変だったら?

もし。。。
完全に忘れちゃったら???(苦笑)

これって、
信用問題ですよね。

社会人だと、ちょっとマズイ・・・

とはいえ、特に、
人からたのまれたような用事、
やらねば、という意識の強いものは、
どうもめんどくさくって、
なかなかやる気になれないもの。

そんな方にお勧めの方法を今日はお伝えしますね。

【期限】が先だからってほっておくのではなくて、

かわりに

【期限】がどんなに先でも、まず、
ちょっと手を付けて、1割やってみる
を目指してみませんか?

そして、もし気が乗ったら、半分くらいはやっておきます。

つまり基準を【期限】ではなく

【仕上がり度合】にするわけです。

でも、全部はやらないで
あえて、1割~半分だけやって
おいておきます。

私はこのやり方を始めてから、
ずいぶん気が楽になりましたし、
複数のことを同時に進行できるようになりました。

このやり方のメリットは

まず

気楽にスタートできます。
とりあえず、やっておこう、ですから(笑)

でも、

そのあとが、ちょっと安心感があります。

少しやってあるので、
まったく手つかず、というのとは
だいぶ違いますよね。

だいたいの感触もつかめてるので、
どんなペースでやるか、
計画も立てやすいです。

実は、この安心感が大切なんですよ。

気持ちに余裕があるからこそ、

他のいろんなことも
できちゃうわけです。

ある時なんか、

「さて、そろそろ、取り掛かろう」
と始めようとしたら、
既に殆どやってある!

かなり前にやったので、
やったこと自体を忘れてたんです(笑)

面白いことに、
出来立て、よりも、少し寝かせてたほうが
仕上がりがよいものが多いのです。

ギリギリセーフ、というのも
たまにはいいですけど、
心臓に悪いデス。

これも、カレーとか、料理と同じかな?
なぜか、翌日になると、
おいしくなっているという。。。

いろんな仕事、
演奏なんかもそうですが、

いったんある程度まて仕上げて
もう一度、という感じで、
2段構えでやったほうが、

どうもいい感じなのです。
時間とともに、何かが熟成するのかな。

とりあえず、1割でよいのですから。

気軽に、まず、やってみましょう!

みなさんも、ぜひ、この熟成のうまみを、
味わってみて下さいね

♪なにを、とりあえずやってみますか?

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


<?php if(function_exists("wp_social_bookmarking_light_output_e")){ wp_social_bookmarking_light_output_e(null, get_permalink(), the_title("", "", false));} ?>