140 相手が動いてくれる言葉のコツ

【相手目線で具体的に伝える】

あるファストフード店でのこと。

私の注文した品物が今調理中ということで、

申し訳ありませんが【あと1分】お待ちいただけますか?

と言われました。

その時の私の気持ちは、

あ、1分ね、ok!

という軽い気持ち。

もし、

少々お待ちください。

と、曖昧に言われたら?ちょっとだけ重たい気持ちになったかも。

人間って、どれくらいかわからないまま待つのは苦手。

たとえ、結果的に1分でも、曖昧に言われると、ちょっとイヤに感じるんですね。

ある時レストランで

「今日は【少々】お待ちいただきますが

よろしいですか?」

と言われて、何も途中の会話もなく、結果的に1時間も待った時は、さすがに、次はココ来ないかな〜と思ってしまいました。

行列に並ぶのも、

最後尾ー待ち時間20分!

なんて、

明確に書いてあれば、

少なくとも20分、何して待とうかな?などと考えられますよね〜

ちょっと

すこし

少々。。

この曖昧さは時にはどれも、便利な言葉なんです。でも、いつも曖昧だと相手は

良い気分にならなかったり、

行動を起こしてくれなかったり。。。

少し前へ詰めてください!

よりは、

一歩、前に進んでくださいませ!

の方が、確実に多くの人が

動いてくれます。

大事な時には

相手目線になって言葉を選びましょう!

きっと反応が違うはず^_^

♪具体的に伝えていますか?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*